おすすめのフライパン

毎日の料理作りに欠かせないフライパン。だからこそ、ある程度高くても自分に合ったものを使いたいと思います。さて、みなさんはどんな基準で選んでいますか?

サイトトップ > フライパンの加工

スポンサードリンク

おすすめのフライパン

フライパンの加工


フライパンの加工には代表的なものが3つあります。「テフロン加工」「マーブルコート」「フッ素加工」です。


「テフロン加工」は、万能樹脂としての優れた性質を発揮します。こびり付き難く、汚れが落ちやすい。また、低温調理ができるという 点も特徴です。一方、「傷つきやすく熱に弱い」という難点がありますので、空焼きや長時間の加熱は厳禁です!


「マーブルコート」はアルミニウム鋳物にマーブル4~8層が施されていて、どんな食材でも焦げ付いたりくっ付いたりすることが ありません。もし焦げ付いても、水だけで簡単に洗い流すことができます!また、外側のコーティングが汚れや傷をガードするので、 耐久性に優れたフライパンといえます。ただし、他のフライパンに比べると若干重たいです。


「フッ素加工」は焦げ付きにくく、調理しやすいことで知られています。汚れもササッと流せるので、お手入れも簡単! ただし、弱火~中火の調理に向いているため、鉄鍋のように高温(強火)での調理や空焼きは避けましょう。急激な加熱(もしくは冷却) や金属製のヘラなどを避けると、フッ素加工を維持することができます。


また、フッ素樹脂をコーティングしたものを「フッ素加工」といい、 これが2層にコーティングされると「テフロン加工」という名称になります。つまり、何層コーティングされたかによって名称が変わります。 ちなみに、3層にコーティングしたものは「シルバーストーン加工」、4層のものは「プラチナ加工」と呼ばれています。


おすすめのフライパン

MENU



スポンサードリンク